梶清智志の美容健康ブログ

健康や美容は若い時からのケアが大切!!

【梶清智志も実践】ひな祭りは麴甘酒を飲んで健康に過ごそう!

梶清智志こと、キヨです。

 

3月に入り、少しづつ暖かくなってきました。

 

3月といえば、もうすぐひな祭りです。

 

ひな祭りに食べる代表的な食べ物には、ちらし寿司、桜餅や甘酒などがあります。

 

僕は、この時期に甘酒を飲むことが楽しみの一つです。

 

昔からよく飲んでいる甘酒ですが、実は「飲む点滴」や「飲む美容液」と言われているほど美容や健康にいいと最近注目されています。

 

普段から美容や健康のために、食べる物に気を付けている僕も興味があるので甘酒について調べてみました。

f:id:Skajikiyo:20220228182651j:plain

出典:https://www.photo-ac.com



まず驚いたのが、甘酒は一般的に2種類あるということです。

 

1つ目が、酒粕甘酒。酒粕を水で煮て溶かしながら砂糖を加えて作られます。酒粕から作られているのでアルコールが含まれます。

f:id:Skajikiyo:20220228182724j:plain

出典:https://www.photo-ac.com

 

2つ目は、米麴から作られる麴甘酒です。お米を麹で発酵させて作るそうで、発酵の過程で作られるブドウ糖が甘みの素です。

f:id:Skajikiyo:20220228182749j:plain

出典:https://www.photo-ac.com



酒粕甘酒も麴甘酒も両方とも、食物繊維やオリゴ糖が含まれていて、腸内環境を整えてくれるので美容と健康にいいことが分かりました。

 

そして、「飲む点滴」と言われているのは麴甘酒の方です。

 

麴甘酒に含まれるブドウ糖は体に吸収されやすく、さらに米麴の酵素が消化吸収を助ける働きがあるので疲労回復にいいのだそう。

さらに麹から作られるコウジ酸にはシミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあり美白にもいいのだとか♪

 

僕が普段家で作って飲むのは、酒粕甘酒の方だったので、今度は麴甘酒も試してみます。

 

みなさんもぜひ、甘酒を飲んで健康に過ごしましょう!



ではまた。

 

梶清智志

 

【梶清智志、大自然でリフレッシュ】美容のためには心の健康が大切♪

梶清智志こと、キヨです。

 

2月もあっという間に過ぎていき、残り6日になりました。

 

年始に、仕事やプライベートの目標を立てた方も多いのではないでしょうか。

僕も目標を立てました。

そこから早2か月が経っています。

 

みなさんは年始に立てた目標の進捗はいかがですか。

 

僕は、仕事の進捗も順調です。

 

2022年は新しい事業に挑戦するので、面白いことになりそうだと日々ワクワクしながら仕事をしています。

 

今年で僕も41歳になりますが、40代も若々しくいたい!

 

新しい挑戦が増えるので、やるべきことが増える年でもあります。

プライベートで、しっかりリフレッシュする時間を確保していきます。

 

適度なリフレッシュは、健康や美容に繋がりいいですね♪

 

僕の大好きなしいたけ占いで、「2022年はやはりよい意味で忙しくなり、ONとOFFの時間の使い方がとても大事になってくるから。」と書いてありました。

 

(参考:https://voguegirl.jp/horoscope/shiitake2022-h1/contents/01aries/ )

 

リフレッシュする方法は多種多様ですが、僕は自然に触れたくて、キャンプに行く予定をたてています。

 

f:id:Skajikiyo:20220222065136j:plain



(出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3097648

 

なぜキャンプかというと、先月、YouTubeのキャンプ動画を見てキャンプにハマり、行きたくて仕方ない!

 

キャンプへ行く準備として、オンラインショップで毎日キャンプグッズを揃えています。グッズが家に届くたびにテンションが上がりますね。

 

大自然のきれいな空気の中で飲むコーヒーは格別だろうなと想像しながら、タワマンのベランダでキャンプ用のコップでコーヒーを飲む時間を楽しんでいます。

 

そうすると気分がリフレッシュされ、一段と仕事に励むことができます。

 

みなさんも、心の健康を保つために、ぜひリフレッシュする時間を作ってみてください♪

 

ではまた。

 

梶清智志

【梶清智志も実践!】在宅期間をポジティブに乗り切るカギは、幸せホルモン!?

梶清智志こと、キヨです。

 

1月下旬から全国各地で、まん延防止等重点措置、通称まん防が適用され家で過ごす方が多いのではないでしょうか。

 

僕が住んでいる大阪もまん防の対象になっています。

 

自宅にこもりがちで、ストレスを抱える方が増えているとニュースなどで聞きます。身体の健康と同じくらい心の健康も大切ですね。



みなさんは、おうち時間を楽しく過ごすためにどのような工夫をされていますか。



おうちタイムを楽しく過ごすカギは、「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」と言われています。



セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情のコントロール、神経の安定に深く関わっています。

 

では、なぜセロトニンが幸せホルモンと呼ばれるのでしょうか?

その理由は、セロトニンが、ストレスホルモンの抑止力があり、心のバランスを整える作用があるためです。

 

そこで、家で過ごしながらセロトニンを増やす方法を調べてみました。

その結果、次の3つがあることがわかりました。



①日光を浴びる

②運動する

③スキンシップ

 

まん防になってから、僕も、この3つを日常生活に取り入れるよう心がけています。

 

1つ目の「日光を浴びる」は、ベランダで日光を浴びる時間を作っています。

ベランダで仕事をしたり、最近買ったキャンプグッズでコーヒーを飲んだり。

 

実は今、僕はキャンプ動画にはまっていて、春に仲間とキャンプに行く予定も立てました。そのために1日1個ずつキャンプ道具を購入しています。そのうちベランダでソロキャンプをする予定です♪

f:id:Skajikiyo:20220216010121j:plain

引用:https://pixabay.com/ja/

 

2つ目の「運動する」は、部屋でゴルフの素振りをしています。

ゴルフは、ここ一年ぐらいずっとハマっています。室内でも、ちょうどいい運動になります。ずっとデスクワークをしていると肩も凝り固まるので、おすすめです。

 

3つ目の「スキンシップ」では、仕事でもプライベートでも人とのコミュニケーションを大切にしています。直接コミュニケーションとることが1番ですが、今はzoomなどのオンラインで人と繋がることができるので、よりたくさん人と触れ合う機会が増えました。

 

みなさんも、家で過ごす時間を工夫して、楽しい時間に変えてみてください。



ではまた。



梶清智志

 

酒は飲んでも飲まれるな!?梶清智志の毎日の水分補給がむくみ対策の鍵に!

梶清智志こと、キヨです。

 

年末年始はみなさんどのように過ごされましたか?

 

帰省したり、旧友に会ったりされる方も多いのではないでしょうか。

 

僕は大阪府出身で、現在も大阪に住んでいるので、地元で過ごしました。

年末年始は仕事仲間と飲み会をする機会が多かったです。

僕は昔からお酒が大好きで、若い頃は毎日ビールを飲んでいました。

 

f:id:Skajikiyo:20220110154943j:plain

出典:https://x.gd/qCz0V

 

ただ、今は健康を考えて、お酒は程々にしています。

昔の僕を知っている方にはとても驚かれますが。笑

 

昔お酒を飲んでいて感じていたのは「むくみ」です。

お酒を控えるとむくみが取れてスッキリとする気がします。さらに、お酒を飲む代わりに水をたくさん飲むようになりました。

 

f:id:Skajikiyo:20220110154744j:plain

出展:https://www.photo-ac.com/main/detail/1523122#goog_rewarded

 

水を飲むと、体の中の水分が綺麗に入れ替わる感覚がします。

 

僕は1日2リットルの水を飲むことを心がけています。

健康美容に詳しい方に聞いても、やはりそれぐらいは飲むように言われます。

 

言ってもらったことは素直に実践した結果、顔周りのむくみがすっきりし、なんとなく体が軽くなったように感じます。

体質も変わってきて、ジャンキーな食べ物を食べたいと思わなくなりました。

 

新年会などでお酒を飲まれる方も多いと思いますが、酒は飲んでも飲まれるな、と言われるように飲み過ぎには注意し、お酒を飲んだら同じだけのお水を飲みましょう。

お酒を代謝分解するには、同じ量の水があるといいらしいです。

 

次のの飲み会から実践してみてはいかがでしょうか。



ではまた。

 

梶清智志

【豆は頭皮にいい!】梶清智志の節分から学ぶ美容健康の豆知識

梶清智志こと、キヨです。

 

2月になり、もうすぐ節分の季節ですね。

 

節分とは、「鬼を追い払って新年を迎える、立春の前日の行事」のことです。

立春は、冬から春へと季節が変わる大切な節目ですね。

 

みなさんは、2月3日をどのように過ごしますか。

 

節分といえば、恵方巻が有名ですが、僕は、今年は特に豆をたくさん食べようと思います。

f:id:Skajikiyo:20220131200727j:plain

引用:写真AC

 

一緒に立ち上げて、起業した仲間に、美容健康に詳しい友人がいます。

その仲間から、豆が頭皮ケアにとても良い食べ物だと教えてもらいました。

 

僕は、豆に栄養がたくさんあるため、身体に良いということは知っていましたが、頭皮にも良いことは初めて知りました!

仲間と一緒に仕事をしていると知識が増えるので、ありがたいです。

 

豆にもたくさん種類がありますが、豆まきで使用されるのは、大豆が多いです。

 

大豆には、タンパク質やビタミンB1、ビタミンE、葉酸カリウムマグネシウム、カルシウム、亜鉛など、多くの栄養素が含まれています。

この、豊富なビタミンやミネラル、そしてタンパク質の3つが、実は髪の毛にとって必要な栄養素なんです。

 

ビタミンB群は、頭皮の新陳代謝を促し元気な髪の毛を作ります。

ビタミンEは、血行を良くして頭皮に酸素と栄養素がいきわたるようにする働きがあります。

また、ミネラルの一種である亜鉛は、タンパク質を髪に合成するのを助け、髪に栄養を届ける際に重要な役割を果たしています。

 

大豆が頭皮ケアに良い理由を知ると、より食べたくなります。

 

ぜひ、豆まきをする節分に豆をたくさん食べましょう。



ではまた。

 

梶清智志

 

【梶清智志大好きゴルフで運動】過ごしやすい沖縄で健康的な生活♪

梶清智志こと、キヨです。

 

いよいよ2022年が始まりましたね。

 

去年は年始に立てた目標を達成することができたので、仕事仲間と一緒にお祝いもかねて沖縄旅行へ行ってきました。

 

12月でも沖縄は気温が高く、とても暖かかったです。

 

僕は到着して早々にゴルフをしました。

 

f:id:Skajikiyo:20220112074324j:plain

暑くもなく寒くもない気温で、絶好のゴルフするのに最適な環境でした。

 

大阪は風が強く、寒い日が続いていて、外に出る機会が少なかったため、沖縄で久々に存分に身体を動かすことができて気持ちよかったです。

 

運動は、身体面でもメンタル面でもリフレッシュできますね。

 

ゴルフをすることで、普段使わない筋肉を動かしたり、長い距離を歩いたりいい運動になります。

僕がゴルフを好きなのも、激しすぎない運動量のわりに、しっかり汗をかくからです。

打つ時の動作はもちろんのこと、ボールを追いながらたくさん歩くので、歩くのが大好きな僕にはぴったりのスポーツです。

 

ホールを回っただけで、汗が結構出てきます。

 

汗をかくことで代謝が良くなったためか、その日の夜はぐっすり眠れました。

 

普段はここまで身体を動かす機会がないので、今回の旅行では仲間とゴルフをして楽しむことができ、とても健康的な旅でした♪

 

今年も適度な運動をして、健康的な生活を送っていきます♪



ではまた。

 

梶清智志

梶清智志の美容健康!旬の食材「さつまいも」で賢く腸活♪

梶清智志こと、キヨです。

 

今年の冬は寒いですね。大阪でも雪が降る日があり驚きました。

 

そんな気温の変化から、季節の移り変わりを感じます。

また、最近はスーパーに並ぶ食材からも冬を感じます。

 

先日スーパーで、この時期ならではの、焼き芋がいい匂いを漂わせていました。

買う予定もなかったのに、ついつい買ってしまった焼き芋。 

老若男女問わず、どの世代にも人気な食材の一つですね。

 

そんなさつまいもに関して、美容健康に詳しい仕事仲間から興味深い話を聞きました。

f:id:Skajikiyo:20220117205937j:plain

出典:写真AC



さつまいもには、糖質やビタミンC、食物繊維、さらにヤラピンという成分などが多く含まれています。

 

糖質は、さつまいも100gあたり約30g含まれており、砂糖がなくてもさつまいもの甘味を感じることができます。

 

また、食物繊維は、じゃがいもの約2倍含まれています。

 

食物繊維は便を柔らかくしたり、排便を促したりするので、腸内環境を整えることができます!

 

さらに、ヤラピンという成分はさつまいものみ含まれている成分で、デトックス作用があると言われています。

ヤラピンは、さつまいもの皮の白い部分に多く含まれているので、皮ごと食べることでお腹の中がきれいになるとのこと。

 

季節の味覚さつまいもをたくさん食べて腸内環境を整えいつまでも健康でいたいですね。

 

僕も、今日からさつまいもをたくさん食べるようにします。

 

ではまた。

 

梶清智志