梶清智志の美容健康ブログ

健康や美容は若い時からのケアが大切!!

【梶清智志も実践】ひな祭りは麴甘酒を飲んで健康に過ごそう!

梶清智志こと、キヨです。

 

3月に入り、少しづつ暖かくなってきました。

 

3月といえば、もうすぐひな祭りです。

 

ひな祭りに食べる代表的な食べ物には、ちらし寿司、桜餅や甘酒などがあります。

 

僕は、この時期に甘酒を飲むことが楽しみの一つです。

 

昔からよく飲んでいる甘酒ですが、実は「飲む点滴」や「飲む美容液」と言われているほど美容や健康にいいと最近注目されています。

 

普段から美容や健康のために、食べる物に気を付けている僕も興味があるので甘酒について調べてみました。

f:id:Skajikiyo:20220228182651j:plain

出典:https://www.photo-ac.com



まず驚いたのが、甘酒は一般的に2種類あるということです。

 

1つ目が、酒粕甘酒。酒粕を水で煮て溶かしながら砂糖を加えて作られます。酒粕から作られているのでアルコールが含まれます。

f:id:Skajikiyo:20220228182724j:plain

出典:https://www.photo-ac.com

 

2つ目は、米麴から作られる麴甘酒です。お米を麹で発酵させて作るそうで、発酵の過程で作られるブドウ糖が甘みの素です。

f:id:Skajikiyo:20220228182749j:plain

出典:https://www.photo-ac.com



酒粕甘酒も麴甘酒も両方とも、食物繊維やオリゴ糖が含まれていて、腸内環境を整えてくれるので美容と健康にいいことが分かりました。

 

そして、「飲む点滴」と言われているのは麴甘酒の方です。

 

麴甘酒に含まれるブドウ糖は体に吸収されやすく、さらに米麴の酵素が消化吸収を助ける働きがあるので疲労回復にいいのだそう。

さらに麹から作られるコウジ酸にはシミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあり美白にもいいのだとか♪

 

僕が普段家で作って飲むのは、酒粕甘酒の方だったので、今度は麴甘酒も試してみます。

 

みなさんもぜひ、甘酒を飲んで健康に過ごしましょう!



ではまた。

 

梶清智志