梶清智志の美容健康ブログ

健康や美容は若い時からのケアが大切!!

洗顔で肌の質は変えられる!?梶清智志がお勧めする洗顔方法

梶清智志こと、キヨです。

 

みなさん、顔を洗う時はどうやって洗ってますか??

 

水だけ?

洗顔料を直接肌につける?

それとも泡立てる?

 

僕は、泡で出るタイプの洗顔料を使って洗顔しています。

 

以前は、ドラッグストアなどによく売っている、清涼感のあるメンズ用洗顔を泡立てて使っていたのですが、泡で洗うことの大事さを調べて知ってから、必ず泡で洗うようにしています。

f:id:Skajikiyo:20211014161236j:plain

上手な洗顔のための第一歩。それは、洗顔料をていねいに泡立てること!

たっぷりの泡が、肌と手のあいだのクッションとなり、肌への負担をやわらげます。しかも、泡の洗浄力で肌はスッキリ清潔、ニキビ予防にもなるんです。

引用:スキンケアの基本!必ず覚えたい上手な洗顔方法│男のスキンケアのススメ│男の肌研究所│花王 メンズビオレ

 

こちらの記事をご覧ください。

 

たっぷりの泡で洗うことが、肌への負担軽減に繋がるだけでなく、洗浄力もアップするようです。

 

さらに僕が聞いたのは、この泡を泡立てる時にもこだわるということ。

 

一時期話題になった「舞妓さんは100回すすぐ」を憶えてる方もいらっしゃると思います。

 

仕事中にしっかりと白塗りしている彼女達の素肌が、さぞ荒れていることだろうと調べてみたら、見事なたまご肌で、その秘訣が洗顔で100回すすぎを行ってる、という話題でした。

引用:その肌荒れ、すすぎ100回してみてください|生せっけんのルアンルアン

 

舞妓さんはなんと100回!

上には上がいました。

 

手間暇かけて丁寧にお肌のケアをしているから、舞妓さんのお肌はあんなに綺麗なんですね。納得しました。

 

なぜこんなにすすぎが大切なのか?

美容に詳しい知人が、気になることを教えてくれました。

 

洗顔の中の、洗い流す成分は、肌の上の脂分を感知したときに、それが肌にとって必要な脂分か、汚れなのか、認識できないようです。

なので、強くすすぐと肌の上の必要な脂分まで取り除いてしまいます。

一方で、優しくすすぐことで、肌に必要な脂分はそのまま残るので、余分な汚れの脂分だけが洗い流すことができるようです。

 

僕も、その話を聞いてから、泡洗顔とすすぎの回数に毎日こだわっています。

いまのところ体感としては、肌がもっちり、柔らかくなったような気がします。

これまでは少しごわついた感じだったのが、肌のザラつきも抑えられている感覚です。

 

ぜひみなさんも実践してみてください。

 

ではまた。

 

梶清智志